MEMBER

顔ぶれ

全員が”コラボレーター”

"縦”を作らない創作
私たち日本人は上下関係を作る能力に長けています。しかし私たちは豊かな創作のためにソレは有効でないと考えます。全員が等しく造り手として関係性を取る事によって、より豊かな土壌づくりを心がけます。

photo by Hiro Nagoya

『アヴァンギャルド×コンプレックス』

フランス語で”前衛的”を意味するavant-garde。
英語で”劣等生”・”複合感情(誠意心疾患の一種)”・”交差点”を意味するcomplex
カッコよく言えば「前衛的な交差点」、目指すべき精神としては「前衛的な劣等生であれ」といった感じです。

 

新国立劇場演劇研修所。私たち4人はそこの同期生でした。
その研修所の3年次である作品を有志企画上演しました。演出家は呼ばずに全員が俳優であり全員が演出家として。
「自分は今、何が一番おもしろいと思うのか」「何に心惹かれるのか」「社会に何を求めているのか」
演出家の居ない作品作りは俳優個人にこれでもかというくらい主体性を強いてきました。
ぶつかり、話し合い、稽古して、稽古して、なんとか上演を果たしました。
その作品の評判は正直今の私たちにとってそれほど重要な事ではありません。(手応えは…アリました。)
大切なのは、そこで得た”創作に対する姿勢”です。ものづくりをするにあたって”関わり合う事”はとても大切。
『全力でぶつかれる相手がいる』このことは私たちが年を重ね、生活を重ねるごとにかけがえのなさを増していくものだと確信しています。

条件は「演劇に何かを期待している事」
私たちは俳優・舞台スタッフに関わらず、共にアイデアを出し創作に関わってくれる仲間を常に探しています。
始まりは俳優4人のイカダ船。しかし、大きな事を成し遂げるには多くの人のチカラが必要です。演劇界内外問わず多くのクリエイターが乗った魅力的な船を作るべく活動し続けます。

「アヴァンギャルド×コンプレックスvol.1」

新着ブログ

おすすめ記事

LINE@

友だち追加