1. HOME
  2. ブログ
  3.   アヴァンギャルドなロケハン

  アヴァンギャルドなロケハン

お久しぶりの更新です。。。

先日、来るべき『冬のサボテン』に向けて本チラシの撮影場所を決めるべく群馬まで行って来ました!!

車で片道1時間半、たどり着いた場所はまるで僕の地元鳥取県を彷彿とさせるような街並み、その当時のまま時間が止まってしまった様な建物、その中にある多少不釣り合いにも思える飲み屋の数々。今と昔が支えあいながら共存しているような、不思議でいてどこか懐かしさを感じる場所でした。

そこをカメラマンの名児耶洋さんとメンバー岩男海史と散策。入り組んだ路地、歴史を感じる路地を歩いていく中、ある一角にたどり着きました。その一角は、昔営業していたであろうお店が数軒とそれと向かい合う形で廃家が一軒ほどある場所だったのですが、その場所が凄かった。暴力的なほどに生活感だけが置き去りにされたように、ヤカンや鍋、洗濯機や多機能ハンガーなどが散乱していた。誰もそこにはいないのに、確かに誰かが生活しているような生々しさ漂う空間で日常から切り離された非日常的な空間がそこにはありました。これは普段僕が生活している場所では出会うことの出来ない空間でありました。

ここで一言・・・僕たちガラが悪くないか!?

そんな場所に触れ合いながらも良き場所を発見!!この場所で撮影!!

そんなこんなで、場所も本チラシの方向性も何と無く決まり少し落ち着いた途端、お腹の虫が喚き出したためご飯の時間へ。。。魅力的なラーメン屋さんや中華屋さんを横目に僕等の答えは決まっていた(我々はギャンブラーでありアヴァンギャルドであるのかもしれない)我々が心に決めていたお店とは、、、汚ナ○○ランに出ていても不思議じゃない料理屋であった。はち切れんばかりの不安とギャンブラー的期待を胸にいざ入店!!先客で居られたお客様方は、僕等の入店と共に蜘蛛の子を散らすように退店。店内は僕等三人の貸切り状態に・・・武者震いにも似た震えを覚えつつ三者三様の注文を済ませいざ実食!!実食結果は、、、普通に美味かったたとさ!!ご馳走様でした!!!

腹拵えも終わりいざ夜の撮影!!昼とはまた違う表情を見せてくれるこの場所に、この街の歴史と懐の深さを見せて頂きました!!

      名児耶さん・・・凄すぎます!!

この街は骨太な過去と現在が絶妙なバランスで共存している場所で、直接五感に訴えてくるノスタルジーがある街だなと思いました。そしてこの街と同じくらい『冬のサボテン』も骨が太い作品にしなければならないと思うしまず僕自身が骨太にならなきゃと思う今日この頃です!!取り敢えず、がんばりマッシュ!!!

永田著

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。