1. HOME
  2. ブログ
  3. 私の師匠の大舞台。

私の師匠の大舞台。

岩男でございます。

本日は僕の師匠の舞台でした。

国立大劇場のトリという、改めてすんげえ人なんだなと再確認。

そして何より毎年夏に師匠が国立に立つこの日は僕が「ああ、この人の門を叩いて本当に良かったな。」と再確認する日でもあるのです。

僕の師匠の何が凄いって、いつも『めちゃ楽しい作品』を踊るんです!そこが最高。

前後に他の先生方の踊りを見るのですが、確かな実力なのですが時折飽きてしまったり、、日本舞踊の難しいとこ。

しかし僕の師匠はとにかく派手。狐に化けたり、生足ふんどしで鳶を追っかけたり。今回も凄まじかった。

「大原女」。載せられる写真はありませんが、とんでもない衣裳なんです。酸欠で殺すために作ったのかというくらい。

拍手喝采、お客様大盛り上がりでなんだか鼻高々でした。

日本舞踊の“底が深すぎる感”が大好き。身近に圧倒的な人が居るのは嬉しいことです。

いつか着付け教室とかやりたいな。

夏は浴衣の着崩れが目に余る!!

若者よ!とりあえず背中心はあわせなさいっ!完!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。